Closeup of a young woman holding a pill and a glass of water before taking it

個人輸入の不安

the white drugs

レボフロックスは海外から輸入してこなければならないと知ったとき、不安がなかったといえばウソになります。
海外から薬を個人輸入するということはなんとなく密輸入っぽいし、なにより日本では危険だから販売されていないのではないかという思いが強くありました。
そこで実際にいろいろ調べてみたのですが、調べれば調べるほどの個人輸入のメリットが見えてきましたので、このページでは個人輸入のメリットについて紹介します。

まず個人輸入に対する悪いイメージですが、これらはすべて杞憂でした。
海外から薬を個人輸入することは薬事法という法律で認められた権利になっています。本当に危険な薬物に関しては薬事法によって個人輸入が禁止されているので、個人輸入が可能なレボフロックスなどは安全な薬だといえます。転売や譲渡を行わない限りは合法になりますので、安心して利用しましょう。
日本の薬事法は、よく言えば厳重、悪く言えば神経質すぎるといわれています。海外では安全性が確認され、普通に薬局で販売されている薬でも、「副作用が生じる可能性がわずかにある」程度の理由で製造販売が禁止されています。
このことから、日本の薬は安全だけども、どうしても選択肢が少ないといえるのです。
日本で性病治療薬を購入するためには、必ず病院にいき、高価な薬を購入する必要がありますが、個人輸入の通販なら家から出ずに、安い薬をしっかり厳選して購入することができるのです。
日本でレボフロックスを購入するのはまず無理なので、安い薬での治療を望む方はレボフロックスを個人輸入する方法をとりましょう。
安価でレボフレックスを購入できるサイトを見つけることができれば、診察費や交通費がかからない分、病院よりも格安で治療ができるでしょう。