Closeup of a young woman holding a pill and a glass of water before taking it

同棲する彼女にも

the yellow capsules

淋病にかかってからは、私は性病に対して非常に敏感になりました。もう二度とあんな思いはしたくないので、様々な性病について調べて、対策をとっておこうと思ったのです。
今まで性病んといえばエイズくらいしか知らなかった私は、まずその種類の多さに驚きました。淋病、ヘルペス、膣トリコモナスなど、効いたことのない病気がたくさんあったからです。
いろいろ調べていくうちに心配になったのは、同棲している彼女についてでした。今回私が感染した淋病は女性にも感染する病気なのですが、女性は感染しても大した症状が出ません。ただ、放置していると危険な合併症につながる可能性があるので、もし移してしまっていたらどうしようと思ったのです。

ということで、彼女をうまく言いくるめて一緒に性病検査を行うことにしました。(もちろん風俗店の話は伏せています)
検査はレボフロックスを購入した通販で検査キットを購入し、自分たちで行いました。検査キットで検査する場合は病院に行くこともなく感染の有無が調べられるので、気軽に利用できました。
検査の結果は、淋病に感染していないとのことだったので安心したのですが、淋病ではなくクラミジアの陽性反応が出てしまいました。
クラミジアは日本で最も多い性病で、特に女性に感染しやすい病気です。症状は乏しいので感染に気付きにくいのですが、この病気も合併症の危険性が高いので要注意が必要なものです。
感染経路はわかりませんが、発覚した以上はすぐに治療をしなければならないので、結局レボフロックスを再購入することにしました。
レボフロックスは細菌性の性病に効果を発揮しますので、彼女のクラミジアも簡単に治療することができました。

今回私が淋病になって、性病に対する関心が高まらなかった場合は、彼女は自分のクラミジアに気付くことはなかったでしょう。その結果、将来的に不妊症や子宮外妊娠になっていた可能性もあります。
クラミジアは本当にありふれた病気で、一時期は女子高生の1割程度が感染していたというデータもありますので、知らず知らずのうちに感染している可能性も高いです。
今まで性病検査をしてこなかった方は、ぜひとも通販で検査キットを購入してみてください。感染が発覚した際は同じ通販でレボフロックスを購入し、治療することもできますので、まずはレボフロックスと検査キットを両方取り扱っている通販サイトから探してみましょう。