Closeup of a young woman holding a pill and a glass of water before taking it

ジェネリックのありがたみ

a girl is fear

ここまでレボフロックスの体験談をお話したのですが、なぜ私たちがレボフロックスを選んだのかということにも触れておきたいと思います。
レボフロックスを購入したのは、個人輸入の代行通販でした。これは海外から薬を購入することができるものなので、薬の選択肢が広く、価格が安いものを探せます。
淋病の治療は本来注射で行うことが多いのですが、病院に行くのが嫌な私は通販で錠剤を購入しようと考えていました。
淋病の治療に使われる錠剤の中でも、とくに有名なのがジスロマックです。ジスロマックは日本の病院でも処方されている有名な薬で、効き目も安全性も高いのですが、その価格はなんと一錠で280円もします。
これを一週間続けるだけでも金銭的にかなりの負担になります。もう少し何とかならないかと考えているところで見つけたのがレボフロックスです。

レボフロックスはクラミジアの治療薬であるクラビットのジェネリックです。クラミジアも淋病も細菌性の性病なので、細菌を殺すという観点ではクラミジアと淋病は共通しているので、レボフロックスは淋病にも効果が抜群なのです。
レボフロックスはジェネリックというだけあって価格が非常に安く、一錠の値段が27円です。一度に2錠服用することを考えても、かなり安価で治療が行えますので、非常に助かりました。
レボフロックスならクラミジアも淋病も治療できますし、価格も安いので、一箱老いておけば非常に安心ができるでしょう。風俗通いが好きな方や、英行為が奔放な方は手元に一つ置いておくといいかもしれませんね。